どの業界でもそうですが、探偵でも悪質でいい加減なところもないわけではないので、依頼するなら事前に情報を集め、堅実な会社に依頼すべきです。一般的な浮気調査であろうと、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。
まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、納得いくまで説明を聞いてから依頼するようにしましょう。
興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫関連の調査です。
興信所がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で解説します。
一番多い手法としては、依頼人から提供された対象情報を参考に対象の追跡を行います。相手が警戒していることもありますから、浮気しそうな日を絞って不貞行為の証拠を入手します。
いくら興信所であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。
よくあるのは、パートナーの不倫の追尾調査で期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。
ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が得られないといった例もあるでしょうし、候補に上がった探偵業者の評判を先に調べておくことが不可欠です。
あとは、依頼者と興信所がお互いによく話して疑問点を解消するのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。不倫していると受け応えでも見抜くことができます。単刀直入に質問してみるといいのです。
嘘を言うときには人は妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。
だから質問は簡単なほうが良いのです。
また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。後ろめたいことを隠しているときは、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。視線もキョドりますし、目線を追うと分かります。配偶者の不倫行為により、離婚のための裁判になると、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。よくあるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。
また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されることが増えました。ふつうの金銭感覚でいうと、不倫調査で探偵を利用するコストはリーズナブルとは言えないでしょう。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、損失は金銭的なものに留まらないですよね。
大事なのは調査の能力の高さですが、料金が高いほど、優秀で良い探偵社であるかというと、判断に迷うところです。
奥さんがだんなさんの浮気に気づいて興信所に調査してもらうという話は小説でもドラマでも結構ありますね。素人が興信所と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、その道のプロである興信所社に任せることを強くお勧めします。探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。
ただ、あまり深刻にとらえるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。
不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、浮気の証拠があれば何にしてもメリットはあるはずです。
自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、モヤモヤしているのが嫌なら興信所業者に調査を依頼することを推奨します。
興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、経費を含む料金の総額だと思います。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減します。
不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間の調査だったとして、一般的には2万円台と考えておくとよいでしょう。安ければいいというものでもないでしょうから、プロに相談して見積もってもらうのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。
近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースが多くみられます。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインなどのSNSやメールに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えられます。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、スマホの中は浮気のメモリアルだらけでしょうし、本人のガードも堅いと思います。
浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったというものです。恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。
浮気を未然に防止するために、お互いの話に耳を傾け、不安なこと、不満なこと、いろんなことを話し合う姿勢も大事です。
夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手を否定しないこととかですね。私なりにわがままを言ったりすることはありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。
また、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。
家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、妻らしく容姿外見にも気をつけて、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、心が離れることもなく、浮気もないと思っているんです。
配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。
だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。
証拠さえ入手すれば、気の済むまで締めあげてやるまでです。
面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。
家族関係の悪化や失職するなど、碌なことにならないですよ。
それを分かってて不倫するほうが悪いんです。
もし配偶者が浮気していた場合、代償として慰謝料を求める権利があります。もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、意地の張り合いになり、なかなか話がつかないことが多いです。
時には裁判を起こさなければいけないこともあるわけで、そうなれば弁護士に相談し、トラブルにならないよう交渉してもらう方が良いかもしれません。
興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。
フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。
著名な興信所社は調査員はもちろん内勤の相談員などの教育やステップアップにも意欲的で、それは仕事の成果にフィードバックされてくるわけです。
興信所に不倫調査等を頼む際は、標準的な料金というものを調べておかないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。時間あたり1万円程度を考えておくと良いでしょう。時間数が増えてもディスカウントは期待できず、支払いにはねかえってきますから、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。
不倫の行き着く先って色々ありますよね。
不貞行為を責められた挙句、離婚されたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになることも考えなければなりません。あるいは双方離婚してくっつくパターンもあります。いずれにせよ、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。
困ったことにダンナの浮気は、初犯じゃなかったんです。
入籍する前から幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。
今さら知りたいとも思いませんが、何度も浮気するのって、妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。
一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。
もしパートナーの浮気調査で興信所を利用するのであれば、相応の支出は覚悟しておきましょう。
興信所業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいはかかるとみておけば間違いありません。
調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、何を依頼するにも50万から60万くらい用意しておけば充分だと思います。
資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、一定レベル以上のスキルが要求されます。
まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。
しかし一部の業者では教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるみたいですから、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。
金銭という対価に合った仕事ができる興信所に調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが成果につながるのは言うまでもありません。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。
今時の業者は興信所業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。
この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため定められました。
一般的に不倫の証拠に使える写真というと、浮気相手と共にホテルに入る場面につきるでしょう。
個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になる場合が多いようです。
裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しようと思ったら、そういった仕事に長けている探偵を利用する方が良いのではないでしょうか。フィクションの世界ならともかく、現実の興信所の手法として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、依頼された証拠を得るまで調査するのです。
調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを先読みして予測しなければいけません。
予想しえないことに備えて動くのが、「ごく普通の興信所」の業務です。
たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は業者によってかなりの違いが出てきます。
最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、契約前にいくつかの会社に見積りしてもらうのをおすすめします。
それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査の無駄を省くことができ、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。
全部がそうというわけではありませんが、興信所社ではタダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところもあるようです。
複数の会社に相談することもできますから、依頼前にぜひ利用しておきたいですね。
誠実そうな業者かどうか判断する指標になるからです。
ベテランのスタッフと話をすることで、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を整理することもできます。
念願だったパートの仕事。子供が10歳になったのを機に始めたのですが、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、お付き合いを始めました。
まあ、不倫ですよね。
長らく子供と家庭だけを軸に、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、挙動があやしいと、すぐ主人にバレて、あちらの奥様とこっそり談合され、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するという結果になり、後悔しています。興信所業者の選定には誰しも迷うと思います。
まずは大手や中小にこだわらず、対象地域に営業所があるかどうかウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。そこそこ絞り込みができたら、電話をかけて、依頼したい旨を伝えてみましょう。現場の人と話をしてみないことには、信頼できる興信所社かどうか判断しようもないです。電話から最初の一歩を踏み出しましょう。
興信所に調査を依頼するには、まずは先に電話をかけてみることからスタートです。
電話を通した相談で感触が良く、さらに話を詰めたいと思ったら、事業所へ行くという運びになります。
そこで契約に必要な説明を聞いて、任せても良いと判断したところで契約書を交わし、そこから実地での調査が始まるでしょう。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。自分とのことを考えてくれている人に対し、申し訳ないという気持ちが生じたり、先のない不倫という関係に辟易するのです。
それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、ここぞとばかりに関係解消へと動いてしまうのです。普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。
いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然です。個人ないし法人が興信所業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、違法な会社や怪しいところでないかは、番号を見れば判断がつきます。少なくとも会社のサイトや広告等に番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。